カテゴリ:
一年生の一学期、前半戦が終わった。本当に濃い時間で、充実していた。最後の二週間は悩む暇がないほど課題に追われていて、ブログを残したかったけどそれは叶わなかった。
ということで、今日は少しだけ時間を取って書いてみようと思う。


この一か月半の時間は、知識を頭に流し込む期間でもあり、同時に今まで経験したこともないペースでアウトプットも求められる時間だった。インプットするために、毎日授業を受け、論文を読み漁り、YouTubeにアップされているイギリスの大学の政治セミナーの動画にかじりついて、本を読んで、友人に聞いて、教授に質問メールをたくさん送った。疑問が残ると後で響くのはちょっとの人生で学んだ(笑)

今日の授業は本当にどれもずっしりだった。
まず、朝九時から三時間(二時間講義、一時間ゼミのような少人数授業)ほどセキュリティの問題についての講義を受けた。安全保障関連の問題でめちゃくちゃ楽しかったので、ずっと座っているのもパソコンを見続けるのもそんなに苦労しなかった。好きこそものの上手なれ、という言葉は真だと思う。簡単だから勉強したくなったり楽しいと思うわけじゃないと痛感した。興味があれば、どんなことにも好奇心が湧く。

その後、二時間、倫理の授業。それを終えた時点でまだ、午後二時。大学のスケジュールには休憩が設定されてないので、文字通りのぶっ通しだ。タイタニック一本見終えて、次の映画を見始めたくらい。これは、まぁ簡単かなぁ。高校で倫理は取っていなかったので用語は最初から英語で覚えることになった。逆に日本語の先入観がなかったので自由に発想できる気がする。毎授業小論文のようなレポートを書く。テーマは「植民地支配と文化の変化」みたいなもの。まぁ、小難しい。


その午後五時からはマレー語の授業だ。留学生はこれがビザの申請要件なので、これを落とすとビザが出ない、規定上。(まぁ、難易度はちょうどいいので落とすことはないと思うけど)
この授業では私は何が何でもカメラをオンにすることにしている。それは、大学の授業で最前列の席を取りに行くようなものかもしれない。以前外国の友人が、講義室での席と成績の相関関係についての論文を送ってくれた。それによると、前の方になるにつれて成績が良い、とのことだった。リンクが無いので出典が示せないけど、なんだか、「そんなきがするわ」という感覚かなぁ。
他の授業では難しすぎてにヒィヒィ言っているけど、ここはホーム授業に思える(笑)

カメラをオンにするのは25人くらいの生徒のうち、2人。私と、もう一人中国の男性。先生はこの二人以外も指名して質問するけれど、今日初めて一人の生徒が反応を示さなかった。
当てられないと思って、音を消してアカウントだけを部屋に置いておくのだろう。まぁ、私のビジネスではないので何も言わないけれど、もし誰か「オンラインでカメラをオンにする生徒と成績の相関関係」というテーマで論文を書くなら、先行研究と似たような結果になりそうな気がする。サボるのはめちゃくちゃ簡単...そして、時々頭をよぎる。みんな疲れるよね。

その授業の直後、中国語の授業。これは単位にはならないけど、好きでやっている。一時間半の授業はとても楽しい。授業が始まる前に、マイクをオフにして間食を急いで食べる。今日の夕食はシチューだったけれど、温める時間もなくて冷たいままで食べた。この辺りで背骨が限界になってくる。集中力だってあんまりない。授業の合間はたいてい宿題を片づけているので、本当に修行!!

背骨が音を上げるのが先か、集中力が持たなくなってキツくなるのが先か、お腹が空いてしまうのが先か、みたいな(笑)


ま、ぼちぼち。週末はリフレッシュを取り入れて、平日は筋トレをしているので精神衛生上は大丈夫。

AIが私が好きそうなオンラインのセミナーの、招待メールをよく送ってくる。政治、国債関係、戦争、外交、みたいなトピック。オンラインセミナーのいいところは移動しなくていいこと。チャンスを指先で取れる感じがすごく恵まれている感覚になる。もう、時代に自分を合わせに行く(笑)

そういうリンクは学科でもよくシェアする。興味関心が似ているので、たいてい数人は参加するし、学科長も学びの機会の共有を積極的に推進している。いい時代だね~。
明後日はとても興味深い戦争についての対談だ。その対談を行う先輩から、「友達とかにシェアして」と言われたので学部のバッチ400人と学科の160人にグループでシェアした。沢山「興味深いね!」というレスポンスが来た。非常に有意義なものになりそう。


明日はちょっと髪を染めようかな~。最近パーマをかけたときに、リタッチを勧められた。そう言えば、高校卒業直後に超おしゃれな敷居の高い美容室に行った。「全部お任せです!」とイケメンの美容師さんにお願いした(笑)そしてアッシュのブラウンになった。

一か月後色が落ちてくると「髪チャラい」と言われた。心外だったので自分で染め直してどうにか「田舎のヤンキー」から脱した。髪は伸びたし、今はほとんど分からないくらいのプリン具合だけど、イメチェンしたい。染めたい。ほんとはピンクとかに挑戦したいけど、大学の規則が確か金髪もギリアウトだったので、おとなしく「ブラウン」にする。

自分の機嫌を取るための出費(笑)今欲しいもの。時間。睡眠時間。食べたいもの、美味しい寿司。欲しいもの、かわいい髪色、いい成績。以上。

非常にストレスのたまる前半戦だった。パーマをかけたのは、色気づいたわけではなくて(友達が揶揄うw)、ストレスで髪のボリュームが本当になくなって困ったから。本当に禿げそうだった。

適度に同情をかって私のイメチェンに対する抵抗感を減らす(笑)明日は英語のスクールとサークル活動(べんきょ~~~)があるので、昼前に起きて、午後染めて、帰る!眠い!背骨が重力に負けそうなので寝る!!